読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170226

 

 

私、君のために生きているんじゃないの。

大事な君をもちろん大切にしたかったけれど。

私、君のためにお金も時間も割けないの。

こんな気持ちになるのなら、こんなことを考えるのなら、18歳の春で終わらせてしまえば良かったのよ。

縋ってしまったのよ。私は私に負けてしまったの。

全く悔しくなかったのよ。

それが最善で、それが私にとっての全てだったの。

結局私は私でしかなくて。

蝶にもなれなければ鳥にもなれないの。

人は醜く弱いから。何にも変われない。

独りで生きてはいけないと分かっているからこそ、私は1人が好きなのよ。

私の頬に触れる君の手を私は振り払ってしまうかもしれないの。

酷いと思っていいから。

私は本当に醜くて弱いのよ。