20170619

このままでいいと思える程幸せ。 2時間以上かかる道のりも、都会じみていないあの街も大好きになってしまった。 あの子がいればそれでいいなんて単純な考えになるの。 突然この関係に名前が付いた。 だけれど、私たちは相変わらず。 愛は変わらずいれたらい…

20170522

2年が経った。 ごめんね。 私、毎月の約束を疎かにしていたの。 16年前あんなに小さかったあなたを抱きしめて、幼い私はお姉ちゃんであろうとしたのよ。 きっと私が中学生くらいまではナメられていたの。 でもあなたは次第に私をお姉ちゃんとして見てくれた…

20170516

部屋には緑色のものが多いの。 だから適度に赤を取り入れるのよ。 方法は分かるでしょう? 白がきた。もうこんな時間ね。 私、今は黒がいいの。 私を攫ってくれる黒がいいのよ。

20170515

こんなにも心が踊るのに。 どうして涙が出るのだろう。 叶わないから?報われないから? 叶わないとも、報われないとも思いたくないのよ。 諦めることは最初からしてないの。 馬鹿なんだろう。都合が良すぎるのよ。 私、私がもうひとりいたとしたらきっと説…

20170514

ひとり。ひとりで待つ時間。 鳴らないと思っていても期待してしまうのよ。 ここのところ良いことがないの。 私が悪い子だから? 頑張っても簡単に否定されてしまうから、頑張ることを辞めたくなっているの。 理不尽だと思うのよ。酷いと思うの。 そんなもの…

20170502

午前1時になると鳴るのよ。 ずっと待っているの。 それでも。 仕事に追われる毎日で、頭から離れることはないこと。 何をしていても消えることがないのなら、もう忘れることはしない。 だけど、全てを過去にしたの。 戻る気なんて最初からなかったの。 私、…

20160412

言葉一つ一つがこんなにも強く深く刺さるなんて。 知ってたのよ。 きっと全部分かってるの。 心が痛くなるね。 苦しくて、まるで海の底のよう。 真っ暗闇の中上に上がろうともがくの。 目を閉じるといろんな音が聞こえてくるのよ。 私、本当は空を飛びたいの…

20170405

好きと依存は紙一重でしょ? 君が私の側にいるのはきっと依存なのよ。 私知ってるの。 ねえ、私。何もかも否定して怖がって先に進めないようなそんな人間なのよ。 同い年の人が自分より大人に見えるの。 年下すら大人に見える時があるの。 だけどそんなの悔…

20170329

私が生きる意味は未だに分からないけれど、私は私の知らないところで何かが起こっているのが怖いのよ。 だからきっと1人でいられないし生きているの。 嫌なことがあってお酒を飲んでいると少し落ち着いてしまう。 本当は会いたい人に会いに行きたいのに。

20170327

何人かのうちの1人ならもういいの。 そんなのに縛られたくはないの。 嫌になっちゃいそうね。 夢の中で過去の話の良いところを思い出してみたりもするの。 全部無駄。もう全部どうにかなればいいのに。

20170320

学生も終わって明日からは社会人。 自由なようで自由ではないのよ。 寂しいから人に会いたくなると思うの。

20170319

困らせて、悩ませて。 なんて言えばいいのか分からなくなって、出る言葉はいつもごめんねなのよ。 そうじゃないってきっと言うね。 ごめんね。

20170318

大好きな音楽が一つが終わってしまったの。 悲しいし、悔しいし、寂しい。 だけどちゃんと見届けられたから、きっと大丈夫。 一つだけ気掛かりはあるの。 私、何も分かってあげられなかったの。 あげるなんて、偉そうに言うのも変なのだけれど。 私のこと何…

20170317

卒業したの。卒業した感じは全くしないのだけれど。 可愛い袴と髪型に満足した感じね。 たくさん飲んだけど特に酔いもせず、二次会には行けず、明日は仕事だから電車に揺られて田舎へ帰っています。 不思議な人間がいることも知ったの。 そこまで自分だと思…

20170316

今日まで。 揺らぎながら、歪みながら、待っていたの。 これで何も変わらないのなら、私はまた一歩進むだけよ。 怖いけれど。頑張りたくないけれど。 頑張らないで進める人もいるから、私も頑張らないで進みたいと思うけれど。 だけど結局私は頑張らないと進…

20170315

明日でいろんなものが終わるような気がするの。 一つだけは終わらせないといけないんだけれど。 ねえ、私。明日一歩だけ進むね。 君からすごく遠いところへ行くの。 嫌なら手を引きにくればいい。 きっとそんなことしないと分かっているから、私は躊躇なく行…

20170314

TUESDAY I'M IN LOVE 恋に落ちるの。 素敵な平日ね。 お酒と音楽と君。 それだけあればもういいのよ。

20170313

どうせって思うの。 どうせ私のことなんて忘れてるのよ。 なんでそこまで私が良いのか教えてほしいの。 ねえ、今楽しい? 「どっかのバスケの漫画で諦めたら試合終了だってさ、何とか先生が言ってたらしい。うるせえな。つーかそれ読んだことない。ビール飲…

20170312

私1人。 お酒には呑まれないように生きていたけど、中途半端な記憶となくなった荷物と。 情けなくなった途端に涙しか出なくて、誰もいない駅で独り。 酷いこともしてしまったの。 悲しい。苦しい。 何より虚しいの。

20170311

20歳になって変わったことはなんだろう。 お酒もタバコも大丈夫になることくらい? タバコは嫌い。君からするタバコの匂いは好きなのにね。 お酒は好き。君とお酒を飲んで楽しくなる時間が好きなの。 だけど好きなものは好きな分だけ怖いの。 私は愛情がほし…

20170310

初めての土地。 行ったことのない場所へ行くのは少し怖くて、だけどワクワクするの。 10代ってなんでどうしようもなく綺麗で、途轍もなく醜いんだろう。不思議。 自由で自由じゃない歳がもうすぐ始まるのよ。あと14時間。 ねえ、私やっぱり飛びたいの。

20170309

きっと都合が良かったのよ。 私にとっても君にとっても。 あと2日。 19歳のうちに死んでしまいたかったのに。

20170308

私は私でいたいから、いたかったから、ああして人を傷付けてしまうのね。 言葉は刃物なのよ。凶器でしかないの。 私が言葉にどれだけ傷付けられてきたかなんて誰にも分かることじゃないのだけれど、私だけは知っているから。 それなのに傷付けてしまった私は…

20170307

聞かなければ良かったことを聞いてしまったの。 聞かなければきっとこのまま忘れられたのに。 ここまできたら伝えないとね。

20170306

いつまでもそうやって曖昧な関係でいたかったのに。 いつまでもそうやって当たり障りない関係でいたかったのにね。 さよなら○○○ってタイトルの曲多すぎるなって思っただけ。

20170305

よく頑張ったねって頭を撫でてくれる人が欲しいの。 そしたらその人がまた頑張る理由になるのよ。 私、褒められて伸びるタイプだと思うのよ。たぶんね。 社会になんて揉まれなくないのよ。 現場、叩き上げ、万歳。みたいな。 寂しくなってきっと会いに行って…

20170304

ほっとしていた落ち着いた日々を一瞬にして悲しくて苦しい時間に引き戻されたよう。 数日は消えない痕を残していったのはなんでなの。 考えるのはもうやめたいのよ。 今日は一番好きな子に会うの。 割り込んで来ないでね。

20170303

ひな祭り。 お姫様になんてなれないけれど。 時間は巻き戻らなくて。 歪でも不器用でも全力で恋をしたいのよ。 なんて。 よく分からなくなった感情を私の中でどう片付ければいいの。 踏み出す勇気が出ないのはこの世界のせいにすれば良いのかな。 会いたい人…

20170302

欲しいもの。 強いて言えば愛情なのかもしれないね。 私を叩かない母に会ってみたい。 自由にさせてくれる環境がほしいな。 もう諦めたことだから今更手に入らなくても何も感じないけれど。 Samanthaの女の子らしい長財布やDr.MartensのMaryJaneだったり。 …

20170301

私が唯一違う私でいられる月が来たのよ。 自由でいられる間に幸せになれますように。

20170228

よく分からないこの時間。 私、もうどうでもよくなってしまうかも。 やっぱり良くないのよ。やめてしまいたい。 ここ数日色んな想いを巡らせて。 私、美しく咲く花のようにはなれないのよ。 美しく輝く月にもなれないの。 誰かの代わりになんて尚更なれない…

20170227

きっとぽっかり空いた穴を埋め続けなければ生きられない生き物なのよ。 私はあの人の彼女みたいにはなれないの。 今すぐにでも全て投げ捨てて、あの海辺まで行きたい。 そしたら私の心に川を、色んな気持ちを流してくれる川を作ってね。 君はきっと君のまま…

20170226

私、君のために生きているんじゃないの。 大事な君をもちろん大切にしたかったけれど。 私、君のためにお金も時間も割けないの。 こんな気持ちになるのなら、こんなことを考えるのなら、18歳の春で終わらせてしまえば良かったのよ。 縋ってしまったのよ。私…

20170225

今日世界が終わっても良いような感覚にまで持っていかれたの。 私には贅沢な感覚ね。 ただ楽しかったの。ただが何かを考えてしまう程に。 お酒を飲んで酔っ払って音楽に魅せられて言葉にできない感情になって手を挙げるの。 享楽。気持ち良かった。 ただその…

20170224

出会ったこと過ごしてきた日々。 後悔はしていないのよ。 寧ろ良かったと思っているの。 だからもう過去の話はしないの。 先の話を、明日の話をしましょう。 私の言葉で一喜一憂する人がいるのだとしたら、それはただただ凄いことだと思うの。 それに不思議…

20170223

昨日は寂しかったの。 なんだか負けた気分ね。 あの日の真実が永遠の真実ではないんだって。知ってた? 私は知らなかったの。あとから気が付いた。 あの日本当の気持ちを聞いたけれどそれはずっと続くものではなかったのね。 分かっているようで何も分かって…

20170222

私の方を向いて手を振る君。 私も君の方を向いて手を振るの。 だけどその視線はお互いの後ろの誰かに向いている。 そう。結局見ているようで見ていないのよ。 勘違いで進んではいけないの。 だから私期限を決めたの。 私の道は私にしか決められないのね。

20170221

落ち着く空間が増えた。 友達ができた。 悩みが増えた。

20170220

もうすぐ終わっちゃう。 ドラマの最終回を見てるみたいな気持ちね。 私君と出会えて良かったのかな。 もう少し違う道もあったのかもね。 進んでしまったものは仕方ない。

20170219

ねえ、私夜が黒いのが嫌なの。 朝が白いのも嫌。 夕焼けのオレンジ色も。 朝焼けの紫色も。 私、私に潰されちゃいそう。 こんな感覚分かりっこないでしょ? みんなそうなんだよ。 独りになるのは寂しくて虚しい。 1人が好きだけど独りは嫌い。 なんてことを…

20170218

一層の事一生抜け出せないくらいのめり込んでくれたら。のめり込んでいたら。 そしたら私クラーケンになって愛情と嫉妬の海を深く深く一人じゃ浮き上がれないところまで引き込んであげる。 呼吸なんて出来なくなってね。水圧で身体が潰されそうになってね。 …

20170217

ハッキリしないのはダメね。私も君も。 私分からなくなりそう。 その優しさは最早残酷ね。 なんでも見通せる目がほしい。 なんでも聞こえる耳がほしい。 本心が知りたいから考えてしまうの。 本気になった方が負けなのよ。

20170216

選んだものを間違いだとは思っていないの。思いたくないから。後悔するのは悲しいから。 だけど今日は少し寂しくなった。 ちゃんと起きてお家を出るのが正解だったのかもなんて今更思っているの。 あの狸だって気分であの道を行かなければ死なずに済んだのよ…

20170215

飲んだよ。たくさん飲んだ。 たまには酔っ払う時だってあるのよ。 電車を待つ寒いホーム。 君といるとあったかい。 そんなもん。そんなもん。

わたし

私飛びたいの。 わかるかな。この感じわかるかなあ。 私押されてばかりで流されてしまうの。嫌ね。 やめてよ。もっと私空を飛びたいの。 背中に麒麟と龍を入れて、それに瞳を入れたら飛べるかな? でもダメだよ。勝手に飛んで行っちゃうから瞳を入れちゃいけ…