20170502

 

 

午前1時になると鳴るのよ。

ずっと待っているの。

それでも。

仕事に追われる毎日で、頭から離れることはないこと。

何をしていても消えることがないのなら、もう忘れることはしない。

だけど、全てを過去にしたの。

戻る気なんて最初からなかったの。

私、優しくなんてないから。

今日はビールを飲んで寝ましょう。

心からの言葉を君がいつか分かって、受け入れてくれたら。

またあとで。

 

 

20160412

 

 

言葉一つ一つがこんなにも強く深く刺さるなんて。

知ってたのよ。

きっと全部分かってるの。

心が痛くなるね。

苦しくて、まるで海の底のよう。

真っ暗闇の中上に上がろうともがくの。

目を閉じるといろんな音が聞こえてくるのよ。

私、本当は空を飛びたいのに。

逆の方へ、海の底へ向かっているのかな。

どこへ行けばいいの。

 

 

20170405

 

 

好きと依存は紙一重でしょ?

君が私の側にいるのはきっと依存なのよ。

私知ってるの。

ねえ、私。何もかも否定して怖がって先に進めないようなそんな人間なのよ。

同い年の人が自分より大人に見えるの。

年下すら大人に見える時があるの。

だけどそんなの悔しいから。なんでそんなにって言葉で傷付いてしまうから。

変わろうと思うの。進もうと思うの。

今なら苦しみと悲しみばかりだった時間を繰り返すことはないでしょう。

またきっと話せると思うのよ。

もう振り返ることはしないの。

 

 

20170329

 

 

私が生きる意味は未だに分からないけれど、私は私の知らないところで何かが起こっているのが怖いのよ。

だからきっと1人でいられないし生きているの。

嫌なことがあってお酒を飲んでいると少し落ち着いてしまう。

本当は会いたい人に会いに行きたいのに。

 

 

20170327

 

 

何人かのうちの1人ならもういいの。

そんなのに縛られたくはないの。

嫌になっちゃいそうね。

夢の中で過去の話の良いところを思い出してみたりもするの。

全部無駄。もう全部どうにかなればいいのに。

 

 

20170320

 

 

学生も終わって明日からは社会人。

自由なようで自由ではないのよ。

寂しいから人に会いたくなると思うの。

 

 

20170319

 

 

困らせて、悩ませて。

なんて言えばいいのか分からなくなって、出る言葉はいつもごめんねなのよ。

そうじゃないってきっと言うね。

ごめんね。